四念処
煩悩  六道輪廻 九品往生 波羅蜜 四苦八苦 四念処 空・無 入滅 37道品 両界  金剛界  意馬心猿 十二因縁  サンスクリット  節分 干支 二十四節気 梵字 三学 自灯明・法灯明 猊下 四諦 敬讃 胎蔵界・金剛界 意馬心猿 十二因縁 節分 六道修行 解脱  庚申 初午 戒・定・慧・解脱  十善戒
四念住ともいう。
四つの専念の意。浄・楽・常・我(じょう・らく・じょう・が)の<四顛倒(してんどう)>を打破するための修行法で、身体の不浄性を観察し【身念処】、感覚の苦性を観察し【受念処】、心の無常性を観察し【心念処】、法の無我性を観察する【法念処】。

仏教で 37種の修行を7つの部類に分けたものの第一で、この部類に属する4種の修行をさす。
念処とは記憶をとどめおくことで,真剣な思いを凝らす観法。
7つの部類の一つとして明確に位置づけられたのは後世であって,原始経典中には,後述の4種を独立の修行法として説く場合が多い。

仏教における悟りのための4種の観想法の総称。
四念処観(しねんじょかん)、四念住(しねんじゅう)とも言う。
三十七道品の中の1つ。

釈迦の初期仏教の時代から、悟りに至るための最も中心的かつ最重要な観想法であり、仏教の主な瞑想である止観の内、観(ヴィパッサナー)の中核を成す観想法である。

四念処の内容は以下の通り。
身念処(身念住) - 身体の不浄を観ずる(不浄観)
受念処(受念住) - 一切の受は苦であると観ずる(一切皆苦)
心念処(心念住) - 心の無常を観ずる(諸行無常)
法念処(法念住) - 法の無我(いかなる事象も自分に非ず)を観ずる(諸法無我)
 大峰山 山伏 洞川 護摩供 役行者 吉野山 宗教 山伏講 天皇 仏語
 【大峰山・洞川】大峰山寺 大峰山とは 大峰山と安全性  大峰山と女人禁制 大峰山大峯山大嶺山 世界平和 ・大峰山 湧出ヶ岳 聖天の森 油こぼし  蛇之蔵 母公堂 一之行場  面不動 双門の滝 龍泉寺 かりがね橋  五代松鍾乳洞  【大峰山・天皇】 後醍醐天皇 卑弥呼 聖徳太子 舒明天皇 文武帝 光格天皇 歴代天皇  大化の改新 飛鳥 天武天皇  年号 【大峰山・修験道】役行者と伝説 大峰山護持院  韓国連広足 聖宝理源大師 山伏と忍者  大嶺講 行者作法 阿闍梨 前鬼・後鬼 大峰修験行者 弘法大師と大峰山 伝説と世相 大峰山寺役講 吉祥草寺 大峰奥駈75靡 吉野のお聖天さん 修行と女人禁制 葛城山 【大峰山・護摩供】平井聖天 安岡寺 西大寺 四天王寺 宝塚聖天  出雲大社 瀧谷不動尊 伊豆大島の行者祭り 波切不動明王  吉野聖天 金剛山転法輪寺 【大峰山・仏語】煩悩  六道輪廻 九品往生 波羅蜜 四苦八苦 四念処 空・無 入滅 37道品 両界  金剛界  意馬心猿 十二因縁  サンスクリット  節分 干支 二十四節気 梵字 三学 自灯明・法灯明 猊下 四諦 敬讃 胎蔵界・金剛界 意馬心猿 十二因縁 節分 六道修行 解脱  庚申 初午 戒・定・慧・解脱 【大峰山・宗教】日本の仏教 弁財天 山岳信仰  儒教 神社仏閣 大峰山と仏教伝来 九重守【大峰山・吉野】金峯山寺 吉野の吉水神社 脳天大神龍王院 吉野の蛙飛び 吉野の桜  
  ★日常をリセット・リフレッシュ⇒大峰山